手作りのボディスクラブ

スクラブとはクレンジングやマッサージパックに入っている粒子状のパウダーのことで、主に洗浄の際の摩擦効果を高めて肌の汚れや角質をとる効果があります。

ボディスクラブとはこのスクラブが混じったクリームを全身に塗り、半乾きまたは乾いた状態でマッサージすることで肌の汚れや角質を落として、肌の状態を整えるスキンケア用品になります。

さまざまなボディスクラブが販売されていますが、自分で手作りすることもできます。

ボディスクラブの基本的な作り方としては、天然塩を大さじ5杯、ハーブパウダーを適量、キャリアオイル25ml、アロマオイル3滴ほどを用石、天然塩にハーブパウダーを使って色と香りをつけていきます。次にキャリアオイルを入れて塩とオイルの割合が1:1ほどになるまで混ぜていきます。

ボディスクラブのクチコミ情報を求めています。

最後に刺激の少ないオーガニックなどのアロマオイルで香りをつけたら完成です。

Girls Channelの有益情報を見つけよう。

ハーブパウダーはさまざまなものが使え、ローズヒップは保湿や皮膚細胞の再生を促進し、ハイビスカスは綺麗な紫が買ったピンクになり美白や老化防止に効果的で、ローズマリーは血行促進をしてたるみやむくみを引き締めます。


カモミールは消炎や鎮静に優れておりニキビや湿疹などを改善し、ラベンダーは殺菌効果や新陳代謝を促進させるためニキビなどに効果的です。



キャリアオイルも、オリーブオイルは保湿性が高く、グレープシードオイルは角質を除去する作用があり、ココナッツオイルは皮膚の軟化作用が高く、スイートアーモンドオイルはかゆみや炎症に効果的だとされています。自分に合ったハーブやオイルを組み合わせることで、悩みを解消することができるようになります。